So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

夏の思い出 [日々あれこれ。]

R0011310.jpg

カフェモカの太陽は、ある夜の思い出。
たのしかったね。


映画「山形スクリーム」 [movie]

090726yamagatascream03.jpg

チョット前、映画「山形スクリーム」を見てきました。

ホラー映画が苦手です。何で、お金を払って怖い思いをしなくちゃいけないのか、と思ってしまう。でも、山形スクリームはホラーコメディだから観ることができました。それでも、冒頭数分間は、けっこうビクビクしたんですよ。 オモシロかった。バカバカしくて、キモチイイくらい徹してくれて爽快。キモチイイ!

落ち武者伝説が伝わる過疎の村。そこに女子高生4人と担任が遊びに来た。落ち武者を封印してきたホコラをぶっこわしちゃったから、さあ大変。落ち武者の亡霊が村で暴れまわり、ゾンビがワラワラおそってくる。女子高生達は生きて帰ることができるのか?!みたいなお話。

徹底的にB級狙いの映画なのに、徹底しすぎて、非B級に仕上がってる気がします。監督の竹中直人さんて、B級映画マニアだそうですね。B級への愛に溢れてたと思います。役者さんたちが豪華。石橋連司さんの落ち武者がツボでした。かっこよすぎる落ち武者に軽くトキメキました(笑)

オフィシャルサイト http://yamagatascream.gyao.jp/

映画「扉をたたく人」 [movie]

tobira.jpg

映画「扉をたたく人」を見てきました。

孤独で少々気難しい大学の教授、ウォルター。出張でニューヨークへ。25年前に買ったアパートの扉を開けると、カップルが勝手に住み着いていた。不法滞在のタレクとゼイナブ。行くあてのない彼等に部屋を提供することに。クラシック好きのウォルターだったけれど、タレクの奏でるジャンベ(アフリカの打楽器)にこころ惹かれ、ジャンベを通して二人の友情が生まれる。 ある日、タレクは無賃乗車を疑われ逮捕。そのまま入国管理局の拘置所に入れられる。そんな、お話。

いい映画だったです。
まず、音。あのドラムがいい。だいたい、リズムを刻むオトコってセクシーなんですよ。タレクも同様(笑)短い髪と生き生きとした瞳。イイデス。
ウォルターの孤独。心を閉ざし、ルーティンワークをこなす日々。どんどんカタクナになってしまう。笑うことを忘れ、皮肉屋になってしまう。その心情ね、分かる気がします。そんな彼がタレクと出会うことで変わっていく。本能を揺さぶるリズムに夢中になり、リズムを刻む楽しさを味わい、自分を解放していく。ウォルターの孤独に自分のソレを重ねて見ていたようにも思います。
ラストシーン。途中からラストシーンを予測しながら見ていました。どちらかというと夢物語のようなラストを期待していました。予想は外れて、現実を見せつけられることになったわけですが。あれが現実。やるせない。でも、夢物語で終わらなかったから、よい映画と感じたのだとも思います。

オフィシャルサイト http://www.tobira-movie.jp/

映画「蟹工船」 [movie]

090312kanikosen02.jpg

映画「蟹工船」を見てきました。
原作も読んでないし、プロレタリア文学ってナニ?ってレベルで。
皮肉とユーモア、どこかシュール。「ココ、笑っていいの?」と何度も戸惑いつつ、多少「くすっ」と笑ってしまった。でも、映画館には生真面目な空気が漂っていて「笑い」は自主規制。私以外の観客は、何か別のものを期待している雰囲気があった気がします。後半の演説で気持ちよくアジられて、多少自分も「ソノ気」になったりしたけれど、やっぱり釈然としない。ドロドロとした怨念や憤りが、もっとあっていいのにライト。明るいのですよ。陰湿な怒りがない。 原作を知っていたらがっかりしたかも。知らないから、こんなもん?で帰ってきました。
あ、松田龍平さんは、ステキでした(笑)

オフィシャルサイト http://kanikosen.jp/pc/


映画「ディア・ドクター」 [movie]

ma_01.jpg

少し前、映画「ディア・ドクター」を見て来ました。
監督の西川美和さん、すごいね。まだ、30代半ばの女性。
なのに、人生悟ってる?と思ってしまう世界観がある。

主演は福亭鶴瓶。いいんすよ。ハマり役だと思います。 長らく無医村の人口1500人の村にやってきた医者。そして彼を支える看護婦が、余貴美子さん。余さん、「おくりびと」のときもよかったが、今回もよい。そして、研修医の瑛太。
年寄りばかりの無医村の村に来た医師。が、ある日突然失踪するし、村は大騒ぎになる。失踪後に発覚する「嘘」そんなこんなが絡んで、あんなラストになり、エンドロール。エンドロールの間、鼻水と涙をふくのに忙しかった(笑)

とにかく、丁寧に作られた映画、という印象で。 小さな積み木を丁寧に重ねて、大きな物体に仕上げたような印象を持ちました。 それと、シーンとシーンに挟み込まれる映像が、印象に残った。 例えば、青々した田んぼに風が吹き波紋になりゆらぐところ、台所の流しに捨てられた食べかけのアイスクリームがゆっくり溶けていくところ、朝方の日射し、スイカ、そんなもんが、一枚の写真になって飛び込んでくる。映像なのに写真のようで。

医師と患者。ワタクシは持病持ちで毎月病院に薬をもらいに行っています。そのせいか、医師と患者の関係がとても興味深かった。患者にとっての、いい医者、いい医療って何だろう、と、しばし考えてしまいました。

オフィシャルサイト  http://deardoctor.jp/

笑う犬 019 [犬]

R0010502.jpg

今日も犬は笑う。
そして、テレビは今日も誰かの訃報を伝える。
あるミュージシャンの時は、信じられなくて何時間もYouTubeの動画を眺めていた。ある日は、キミがリスペクトするミュージシャンだった。悲しむキミを想像して胸が痛んだ。ある日は、ポップスターだった。無関心だったのに、ある記事を境に彼の死には意味が生まれとても悲しくなった。
今日も訃報が流れた。たしかキミはファンだったね。キミのことが心配です。
それでも、犬は笑う。
犬に大事なのは、今日の散歩とゴハンのことだから。

前の6件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。